スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バレンタイン
バレンタイン。

古くからの習慣で女性が男性にチョコレートを渡す日である。
女性からして見れば、ほのかに想いをよせる男性に対して告白をするには絶好のイベントに成り得るのではないだろうか。

お正月もとうの昔の出来事となり、しびれるほどの寒さにも慣れ、真冬ではあるが、あとは暖かくなるばかりでほんの少し春の匂いを感じる季節。
2月。
そんな中で女子にとっての一大イベント。それがバレンタインデーではないだろうか。
自分の思いの丈を下駄箱や机の中にそっと忍ばせる。
その儚く繊細な想いを届けるための行為には相当の勇気がいることであろうが、『バレンタインデー』がほんの少し背中を押してくれる。
来る日に向け、手作りチョコを練習したことでしょう。失敗を重ねやっとうまく完成したチョコを手製のラッピングで仕上げ、想いを込めた手紙を添える。

そんな出来事が今日もどこかであったとしたら微笑ましいことです。

前述のような出来事は『青春を謳歌している若者のためのイベント』と言う発想は僕が歳を取ったからだろうか。

あちらこちらでバレンタインデーが近くなっていることを感じる。コンビニやスーパー、それこそレンタルビデオ店などに行ってもそれを感じさせる場面がある。

そんな光景を見て20年前の僕が言ってましたよ。
いやな。もうね。正直辞めてくれませんか。と。
僕の大好物のきのこの山が買えないじゃないですか。と。

この時期、どこ行ってもバレンタインデーじゃないですか。僕は本当に疲れたときとかの楽しみがきのこの山を食べることなんですよ。本当に欲してるんですよ。
それなのに、こう大々的にバレンタイン~とか言われるとチョコ買えないんですよ。普段なら全然平気なんだけど、この時期、男がチョコ買ってると「あ。チョコ貰えない人が来た」なんて思われてるんじゃないかなぁ、なんて気になってチョコなんか買えない訳ですよ。「え~。チョコ貰えませんでしたけど」なんて言うのも惨めでね。
そんな息子を不憫に思ってか母親がチョコをくれるんですけど、これ、食べると涙でそうになります。喜怒哀楽で言うと「喜び」はもちろん違うし「怒り」に遠からずで「哀しい」はニア・イコールだがちょっと違う「楽しい」であるはずもなく。。。どれにもあてはまらないから敢えて言うと「チョコ貰えないから」です。
っ言うかバレンタインデーなくなれ!って思ってました。

って20年前の僕が言ってました。

男30にして立つ。と、言いますが僕も30を過ぎて5年も経つので20年前の僕とは違います。今年は生命保険会社のおばちゃんにも板チョコ貰ったし、事務のおばちゃんにも貰った。なにより職場の若い女子にもチョコ貰った。
貰ったった。

そして今日は、とある事情があって実家に帰ったので母親からもチョコを貰った。決して「食べると涙が出てくるチョコ」を受け取りに行った訳ではなく事情があって帰ったらたまたまチョコを貰っただけです。

あと一つ。
下駄箱や机の中にそっと忍ばせるような儚い繊細な想いではなく、もう少し頑丈な想いが乗せられたチョコを受け取りに行きました。

甘いものが特別好きと言う訳でもなく、どちらかと言うと苦手なのですがやっぱり嬉しい。とりあえず一口食べてみた。

歯が痛い。
奥歯が痛いのです。

かなり痛いな。
虫歯かな。

僕も30を過ぎて5年も経つのですが、バレンタインデーなくなれ!って思いました。

スポンサーサイト
未分類 | 00:27:20 | トラックバック(1) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。