スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モンスター
狂っている。

とち狂っている。

何に対して、とち狂っていると言っているのかと言うと、他ならぬ給食費のことだ。
未納のことだ。

ネットのニュースでチラ見したのだが、学校の給食費の支払いをしない家庭が増えていると行った記事を目にした。それも支払い能力がないために給食費を払わない訳ではない、と言った感じのものだった。

そして支払わない理由の一例が記載されていたのだが、それを読んでみるとあまりにも勝手な言い分だったため度肝を抜かれたのだが、ほんの一例だ。僕が目にした記事での理由は『義務教育なんだから社会保障でなんとかしろ』的なものであった。なかなか想像力が豊かな方の発言なんだろうけど、なんだかなぁ。もうね。頑張れ日本!としか言いようがない。

モンスターペアレンツとかそんな難しい話しではなく、ただの無銭飲食ですよ。
戦後間もなくの時代であれば袋叩きにあってもおかしくない行為が公然と行われている訳です。
まぁ。頑張れ日本!としか言いようがない。

一昔前ならモンスターペアレンツを持つ子供は憐れまれる対象であったのではないだろうか。

僕が子供の頃、身近なところでのモンスターペアレンツに分類される親を持つ友達は殆どいなかった。過保護な親を持った友達もいたが、現代のニュースなどでとりざたされるモンスターペアレンツとは少し違っていた。学校に筋違いの注文をして問題になるようなことはなかったし、給食費は当然支払っていただろう。
ただただ、自分の子供を可愛がっていただけだろう。だが、過保護な親を持つ友達は思春期になると尋常とは思えぬ勢いの反抗期を過ごしていた。並々ならぬ安心感が、常軌を逸した反発心に変わってしまったのだろう。それこそ藁人形でも作らんばかりに親のことを嫌っていた。僕はその友達のそう言った場面を憐れみの目で眺めることしかできなかった。

僕の家は躾に厳しい家ではなかったし、ましてや過保護でもなかった。良く言えば信頼されていた。悪く言えば放ったらかしだった。そんな放任主義の家庭で育ったため、両親から言い聞かされて教わるようなことはあまり多くなかった。ただ、他人に迷惑を掛けるようなことをすると許してもらえないだろうと言うことは肌で感じていた。どんなに好きかってやっても後始末を自分でするなら何でもありだ。

うちの母親は今でこそ穏やかになったが僕が子供の頃はそれこそ現代で言うモンスターペアレンツとはだいぶ違うタイプのモンスターであった。

悪いことをすると裸で外に放り出されたし、大抵毎日怒られていた。まぁ、今思えば僕が吟遊詩人のように自由な生活を過ごしていたせいだろう。僕は学習能力が、けたたましく低かったし、獣のような加齢臭の中年男性よりも他人を不愉快にする能力があることも手伝って母は堪忍袋の尾が切れっ放しの状態だったのだろうと思う。その頃の母の口癖は『いいかげんにしんさいよ』だった。

誕生日にウルトラマンの自転車を買ってもらったのだが、その時はそのウルトラマンが本当に空を飛ぶとは夢に思わなかった。

何が原因だったかは忘れてしまったのだが母の逆鱗に触れてしまい絶体絶命のピンチに陥ったことがある。暴走機関車って言うかスティーブンセガール化した母は、僕の誕生日のウルトラマン自転車を重量挙げの選手よろしく持ち上げたかと思いきやこちらに向かって、投げてきた。僕は『ジュワッチ!』って言わずにこちらに飛来するウルトラマンを前に一歩も動くことができなかったが、ウルトラマンは僕からは随分離れたところで検討違いの所に着地した。僕はその場で母親を見つめることしかできなかったのを覚えている。僕はその時、どんな悪いことをしたのかは覚えていないがウルトラマンの飛来だけは覚えている。そしてもう二度とウルトラマンが飛来しないことをせつに願った。

給食費を支払う過保護な親を持つ友達は、給食費を支払う暴君の親を持つ僕のことを憐れみの目で見ていたことだろう。

狂っている。

とち狂っている。

何に対して、とち狂っていると言っているのかと言うと他ならぬウルトラマンのことだ。
飛来のことだ。
スポンサーサイト


未分類 | 01:18:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。